クレジットカードの限度額を引き下げました!借金468万円!

記事上テキスト
借金まみれから貯金1,000万円V字回復を目指しているカズヤです。

私も他の方の借金系のブログなど結構読ませていただくのですが、私以上に壮絶な方がたくさんいますね。。こちらから読む事ができますので、興味があれば確認してみてください。
人気借金ブログはこちら

また、当ブログでも度々紹介していますが、新規借入先検討中の方は匿名で各金融業者に一括審査ができるサービスもあります(私も利用した事あります)。一度に複数の金融業者などに申込審査をかけるとそれが原因で審査に通らない事もあるみたいですが、匿名なのでそういった事もありません。本申込みする前にこういったサービスを活用して業者選定する事をおすすめします。
匿名一括審査はこちらから

私のように複数の借入先があって消費者金融から新規で融資を断られてしまった方、首が回らない方はおまとめローンを活用した方がいいかもしれません。総量規制の対象外なので年収の3分の1以上であっても融資が可能です。
オススメのおまとめローン会社

おまとめローンも否決されてしまった方は、もう債務整理をした方がいいかもしれません。。匿名&無料で債務整理の相談ができる便利なサービスもあります。
匿名&無料で債務整理の診断&相談ができるサービス

さて、パチスロからほぼ足を洗い、仮想通貨やFXといったギャンブル的な要素が強い投資からもほぼ足を洗い(仮想通貨は含み損抱えて放置中ですけど…)、だんだん賢明さに磨きがかかってきた今日この頃ですが、今回また一つ大きく前進をした事があります。

以前クレジットカードの完済をしたとブログでご報告してから、通信費などのランニングで元々カード払いにしているものを除いて、新規でショッピングやキャッシングをしていない状況なのですが、昨年の夏のボーナスで一度完済したものの、再度使い始めてしまい、、そして一回使ってしまうとズルズルと借入額が増えてしまうといった過ちを繰り返さないように、今回思い切ってクレジットカードの限度額を大幅に引き下げる事にしました!

「いや解約しろよ」

と言われそうですが仕事の都合上クレジットカードは残しておきたいので、引き下げという形で勘弁してください。

インターネット上では手続きができなかった(たぶん)ので、カード裏面に記載のあるコールセンターの番号に電話をして限度額引き下げとさらにさらにキャッシング枠の解約も申し込みました。

今回の引き下げで私のクレジットカード枠は以下に変更となりました。

●今まで
借入可能枠 60万円(内キャッシング枠10万円)

●これから

借入可能枠 5万円(内キャッシング枠無し)

我ながら英断を下したなと。。

コールセンターのお姉さんに

「本当に5万円で大丈夫でしょうか??」

と聞かれた時は、本当に5万円で大丈夫かな、、キャッシュフロー大丈夫かな、、と本気で不安になりました。。

月々のスマホ代やサーバー代などの通信費がカード払いなので、実質自由に使える枠としては2~3万円程度のクレジットカードになります。
そもそも5万円しか限度額が無いクレジットカードを持ってる俺って何なんだろう、、と思うところは多々ありますが、自分が蒔いた種なので受け入れます。

借金癖を改善するにはそもそもカード自体持たない方がいいので、解約しない以上は最低限必要な枠のみにしておくべきだと思います!!

もうなるようにしかなりません。これからは酔っ払って後輩達の前で気前よく奢るよ~なんて太っ腹な事を言ってクレジッドカードをスマートに店員に渡しても「すみません…エラーで使えません…」と差し戻されるのでしょう。あぁ恥ずかしい。でもそれでいいんです。

これからは現金払い一択です!!!

スポンサーリンク
広告1

借金返済進捗

2019年の借金返済目標
1:年間150万円以上借金を減らす!
2:借金300万円前半に戻す!
3:消費者金融A社の完済&解約!
本日時点での借金返済状況です。
約1カ月ぶりのブログ更新なので1月の給料で返済した分を今更ながら反映しました。。
そして借金が5万円程減りました(支払金額は8.5万円なので利息は3.5万円ですね)。
2019年の返済目標を達成させるにはもう少しペースを上げて返済していく必要がありますが、まだ2019年も始まったばかりなので、よしとしましょう。。
現在の借金総額(平成31年2月9日現在)
銀行カードローン 214.5万円⇒212.8万円
クレジットカード 完済
消費者金融A社 114.6万円⇒113.3万円
消費者金融B社 完済(解約)
消費者金融C社 完済(解約)
消費者金融D社 完済(解約)
その他 144万円⇒142万円
合計借入額 473.1万円⇒468.1万円
前回との差額 借入金額 -5万円
記事下テキスト
↓応援クリックしていただけるととても嬉しいです!

債務・借金ランキング
スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする