アルコール依存症なのか!?借金467万円!

記事上テキスト
借金まみれから貯金1,000万円V字回復を目指しているカズヤです。

私も他の方の借金系のブログなど結構読ませていただくのですが、私以上に壮絶な方がたくさんいますね。。こちらから読む事ができますので、興味があれば確認してみてください。
人気借金ブログはこちら

また、当ブログでも度々紹介していますが、新規借入先検討中の方は匿名で各金融業者に一括審査ができるサービスもあります(私も利用した事あります)。一度に複数の金融業者などに申込審査をかけるとそれが原因で審査に通らない事もあるみたいですが、匿名なのでそういった事もありません。本申込みする前にこういったサービスを活用して業者選定する事をおすすめします。
匿名一括審査はこちらから

私のように複数の借入先があって銀行や消費者金融から新規で融資を断られてしまった方、首が回らない方はおまとめローンを活用した方がいいかもしれません。総量規制の対象外なので年収の3分の1以上であっても融資が可能です。
銀行で融資を断られた方にオススメのおまとめローン会社

おまとめローンも否決されてしまった方は、もう債務整理をした方がいいかもしれません。。匿名&無料で債務整理の相談ができる便利なサービスもあります。
借金の減額診断

また、返済困難な借金についての救済制度はいくつかありますので、活用してみるのもアリだと思います。
国の借金救済制度

さて、相変わらずブログ更新頻度が低く、「やる気あんの??」と言われても仕方がない状態なのですが、はっきりいって「やる気」はあります!
でも前回の記事「ブログ更新が滞る理由・・・」でも記載の通り、毎日「お酒」の魔力にやられてしまっているわけで、、まぁ相変わらずな日々を送っております。。

で、何故こんなにお酒を飲むのか?
お酒が好きとは言え若干飲み過ぎてる感はある。

理由は朝は軽く二日酔いになってる事が多く若干キツイ、にも関わらずその日の夜にはお酒を飲んでる。
で、翌日また軽く二日酔い。。
また、一杯目はのど越しがいいビールやサワーなどの炭酸系でスッキリして、ここまでは自分でもわかる話ではあるのですが、二杯目からはあまり美味しいと思わない焼酎を飲む。
お酒の中で焼酎が一番身体に良いといった気休めを信じてるのも一つの理由ですが、そうまでしてあまり美味しいと思えない焼酎を飲む何よりの理由はやはり「酔っぱらって楽しい気持ちになりた~い!」から。

というより、「楽しい気持ちになってストレス発散した~い!」から。

つまり・・・ストレスがなければお酒を飲む必要は無いわけで、やはりストレスを溜めないようにする事が非常に重要なのは百も承知なのですが、仕事をしてるとストレスフリーとはなかなかいかないものです。
そしてやはり借金もストレスの立派な原因の一つ。

むしろ仕事より借金の方がストレスのウェイトが大きいかな。。
最近お酒を飲む量が増えたのは、やはりストレスが原因だと冷静に考えてわかったのはいいですが、ストレスの原因が「仕事」や「借金」の場合はなかなか即解決が難しい。
転職や自己破産は考えてないですし。
そもそも仕事には多少のストレスはつきものですし。

でもこのままストレス解消の対策として飲酒をし続けるのは良くない!
ブログの更新にも影響するので良くない!

と思い、別のストレス解消法を真剣に考え、1つの答えを導きました。

それは・・・

運動!!!

おお・・・なんて画期的。。何故今まで気が付かなかったのか。。。

飲酒よりはるかに健全で、ストレス解消にもなり身体にも良い。
という事で今日は帰宅後、お酒を飲まずに運動着に着替えて自宅周辺を30分程度ランニングしてみたところ・・・

気持いいぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!

実に数年ぶりのランニングでしたが、かなり気持ちいいです。
ストレス溜まってもアルコールに頼らず、こういった健全な方法で解消できれば健康にもよく、仕事も捗り給料もアップするのではないでしょうか!!

そしてお酒が入っていないので、ブログの更新も無事できて、本当に良い事づくし!!
これからは仕事終わりのランニングを日課にしてみたいと思います。

借金返済進捗

本日時点での借金返済状況です。
今回は借金の増減はありませんでした。

現在の借金総額(平成28年6月20日現在)
銀行カードローン 264万円
クレジットカード 59.8万円
消費者金融A社 67.1万円
消費者金融B社 20.8万円
消費者金融C社 9.6万円
消費者金融D社 46万円
その他 完済
合計借入額 467.3万円

前回との差額 借入金額 ±0万円

記事下テキスト
↓応援クリックしていただけるととても嬉しいです!

債務・借金ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする