レイクは消費者金融じゃないってホント!?実は銀行直営なので総量規制の対象外なのです!

記事上テキスト
借金まみれから貯金1,000万円V字回復を目指しているカズヤです。

私も他の方の借金系のブログなど結構読ませていただくのですが、私以上に壮絶な方がたくさんいますね。。こちらから読む事ができますので、興味があれば確認してみてください。
人気借金ブログはこちら

また、当ブログでも度々紹介していますが、新規借入先検討中の方は匿名で各金融業者に一括審査ができるサービスもあります(私も利用した事あります)。一度に複数の金融業者などに申込審査をかけるとそれが原因で審査に通らない事もあるみたいですが、匿名なのでそういった事もありません。本申込みする前にこういったサービスを活用して業者選定する事をおすすめします。
匿名一括審査はこちらから

私のように複数の借入先があって銀行や消費者金融から新規で融資を断られてしまった方、首が回らない方はおまとめローンを活用した方がいいかもしれません。総量規制の対象外なので年収の3分の1以上であっても融資が可能です。
銀行で融資を断られた方にオススメのおまとめローン会社

おまとめローンも否決されてしまった方は、もう債務整理をした方がいいかもしれません。無料で債務整理の相談ができます。
借金の減額相談

また、返済困難な借金についての救済制度はいくつかありますので、活用してみるのもアリだと思います。
国の借金救済制度

※新生銀行カードローン「レイク」は、2018年3月31日で新規受付を停止して、2018年4月1日より消費者金融である新生フィナンシャル「レイクALSA」として新規受付スタートしました。

↓↓レイクALSAの詳細は以下よりご確認ください。

さて、今回は有名アイドルグループを起用して話題になったテレビCMでもお馴染み「新生銀行レイク」の紹介です。

アコムプロミス同様に銀行が母体になっていますが、アコム、プロミスと大きく違う点はレイクは銀行本体が直接運営しているのが特徴です。

元々新生フィナンシャル株式会社(旧GEコンシューマー・ファイナンス株式会社)が株式会社レイクから事業を引き継ぎ「消費者金融レイク」ブランドを展開していましたが、2011年に新生銀行に事業が譲渡された為、今は新生銀行が直接運営している形となってます。
よって元々株式会社レイク時代からの流れで「消費者金融」のイメージが強いレイクですが、現在は銀行カードローンと言った方が適切なのです。

多重債務化を抑制するべく2010年に改正された貸金業法で年収の3分の1を超える借入を規制する「総量規制」に関しても、銀行は貸金業法ではなく、銀行法に則って融資をしており、総量規制の対象ではありません。レイクは消費者金融のイメージが根強く残っており、アコムやプロミス同様に総量規制の対象になるかと思いきや、実は総量規制の対象外なのです。
どうしても年収の3分の1以上借りたい方にとっては非常にありがたい存在ですね(借り過ぎ注意ですが)。

また、消費者金融「ノーローン」を展開しているシンキ株式会社を2010年に完全子会社化しており、レイクの自動契約機でノーローンに申し込む事もできるようになってます。因みにノーローンは消費者金融なので総量規制の対象になります。

管理人のレイク体験談や口コミ、評判など

レイクにはこれまで2度お世話になってます。元々は限度額が30万円あり、上限まで借りてた時期もありましたが2年程利用して一度は完済して電話で解約しました。
それから数年後、またもや借金まみれとなってしまい…どうしてもお金が必要だった時に再度レイクに申し込みをしました。
申し込み当時は銀行カードローン、クレジットカード、複数の消費者金融の計4社から400万円以上の借入がありましたが、無事審査には通って融資してもらう事ができました。ただ解約前は借入枠30万円ありましたが、2度目の申し込み時は10万円だけになってしまいました。。
なので貸付利率でメリットがある銀行カードローンとはいえ、10万円のみの借入枠なので消費者金融と変わらない年率18%の設定となってます。
そしてお恥ずかしながらちょくちょく年収3分の1以上借入額がオーバーする事があるのですが、総量規制の兼ね合いで消費者金融各社やクレジットカードのキャッシングの利用制限がかかってしまう中で、レイクだけは利用制限がかかった事がありませんので総量規制の対象外だという事が伺えますね。

レイクの商品、審査基準やメリット、デメリット

商品ラインナップ

新生銀行の商品ラインナップではなく、あくまでレイクブランドの商品ラインナップになります。レイクについては基本的にカードローンのみの展開となっており、無利息期間が違う二つのタイプから選ぶ事ができます。

■カードローン(180日間無利息タイプ)
・融資限度額 1万円~200万円
・貸付利率(実質年率) 12.0%~18.0%
⇒契約日から180日間は5万円以内なら何度でも無利息で利用が可能(5万円超えて借入をした分は超えた分のみに利息が発生)
⇒担保・連帯保証人不要
⇒年収3分の1以上の借入も可能(総量規制適用外)

■カードローン(30日間無利息タイプ)
・融資限度額 1万円~500万円
・貸付利率(実質年率) 4.5%~18.0%
⇒契約日から30日以内は無利息で利用が可能
⇒担保・連帯保証人不要
⇒年収3分の1以上の借入も可能(総量規制適用外)

利用金額や返済回数によってどっちが得かが決まるので、公式サイトにて事前に確認してから申込みましょう。

申し込み~返済まで

元々消費者金融だった事もあってか、それなりに融通が利きます。自動契約機であれば土日でも新規契約&借入が可能なので非常に便利です。

■申し込み方法
・PC、スマホで専用ページから入力して申し込み
・電話で申し込み
・郵送で申し込み
・自動契約機、店頭窓口で申し込み
⇒来店不要で申し込みが可能
⇒インターネットであれば24時間365日申し込み可能

■契約(本人確認、収入証明等の必要書類の提出)
・レイク店舗or無人契約機で提出、契約
・インターネットでアップロード、契約
・メールで提出、契約
・郵送で提出、契約
⇒インターネットで契約が完了
⇒自動契約機であれば土日でも即日審査、融資実行までスピーディ

■融資
・レイクATM、全国の提携ATMでキャッシング可能
・ネットの会員ページから振込キャッシングが可能
⇒振込キャッシングの場合、平日14:45までなら最短1分程度で自身の口座に着金されます。それを超えると翌営業日扱いになります。

■返済
・レイクATM、全国の提携ATMで返済
・振り込み、自動引き落としでの返済
・ネットの会員ページで返済
⇒ネットバンキングの口座があればインターネット返済可能

審査について

今は銀行カードローンも土日融資が可能だったり、即日融資可能だったりと消費者金融とあまり大差なくなってきましたが、とはいえ他の銀行カードローンと比較しても元々消費者金融だったレイクに関しては審査基準が少しゆるめの印象があります。さらに消費者金融と大きく違う点である総量規制の対象外というのが非常に大きい。既に年収3分の1以上借入がある場合、消費者金融なら申し込むまでもなく完全NGですが(法律なので)、レイクなら借入できる可能性があります。

【借入可能か匿名簡易審査で確認】
いきなり申し込むのに不安や抵抗のある方、既に何社も申し込みをしており慎重に選びたい方は匿名で簡易審査ができる便利なサイトもあります。無料で、且つ個人情報などの入力は不要で信用情報にも傷がつきません。今の自分にあった金融会社を見つける事ができる便利なサービスなので是非試してみてください。

匿名審査を試してみる

メリット・デメリット・評価

■メリット
・30日間or180日間の無利息期間がある
・総量規制の対象外
・銀行なので安心して利用ができる
・来店不要で契約~返済まで可能(ネット完結)
・土日融資も可能
・申し込みから融資実行までスピーディ(最短30分程度)

■デメリット
・利息が高い
・銀行カードローンとはいえ、消費者金融のイメージが根強い

■評価

項目 評価 特記事項
審査基準  
即日融資  
土日融資  
来店不要  
借入限度額  
無利息期間  
借入利息  
利便性

オススメ度:★★★★☆

会社情報

商号:株式会社新生銀行
本社所在地:東京都中央区日本橋室町2-4-3 日本橋室町野村ビル
創立:昭和27年12月
資本金:5,122億

まとめ

銀行カードローンとはいえ、ある程度融通の利く消費者金融の側面も持ち合わせており、さらに総量規制対象外である事から、既に年収3分の1以上借入をしてしまっているが、どうしてもお金を用立てたい場合に非常に心強い会社だと思います。

【借入可能か匿名簡易審査で確認】
匿名で簡易審査ができる便利なサイトを活用すれば今の自分にあった最適な金融会社を見つける事ができます。

匿名審査を試してみる

記事下テキスト
↓応援クリックしていただけるととても嬉しいです!

債務・借金ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする